写真

Blackrapidブラックラピッドストラップの紹介

ブラックラピッドサムネ

すぐに構えてすぐ撮れる

カメラを持ち歩いている時、写真が撮りたい瞬間っていきなり来ますよね。

でも、普段からぶら下げておいたりすると邪魔になってしまったり、なんだかんだすぐに構えられない、なんてこともあります。

今回は、アマチュアからプロカメラマンまで便利に使える速射ストラップの紹介です。

 

Blackrapid double slim  ブラックラピッドダブルスリム

ブラックラピッドというブランドが出しているストラップのシリーズです。

二台持ち、ショルダータイプ、ハンドストラップタイプなどなど・・・

様々な商品展開をみせており、購入者のニーズに合わせて選ぶことが出来ます。

今回紹介するのは、両肩で2台のカメラを持つことができる「ダブル」という商品のスリム版です。

カメラを吊り下げる機構をはじめ、しくみはどの商品でも共通の機構を備えているので、ブラックラピッド購入を考えている方の参考になれば幸いです。

動画の方がわかりやすいので、こちらも参考にどうぞ。

早く構える速射ストラップ

カメラは逆さ吊り

最大の特長はカメラを逆さに吊り下げるしくみです。

これにより、ぶら下げている状態から構えている状態への以降が非常に早く行えます。

ブラックラピッドは底面の三脚ネジ穴から止めます

ブラックラピッドは底面の三脚ネジ穴から止めます

カメラはベルト上を自由に動く

ベルトがカメラ吊り下げの金具内を通っている構造です。

ベルトがカメラ吊り下げの金具内を通っている構造です。

通常のストラップと異なり、ストラップ上でカメラが固定されません。

そのため、ストラップを動かすことなくカメラだけを動かすことが出来ます。

blackrapid構え1

ブラックラピッドはすぐに構えられる

ブラックラピッドはすぐに構えられる

実際に1年間仕事で使ってみた感想

普通のストラップと比べて

普通のストラップと比較すると非常に楽です。

両肩に重さを任せることができるためずり落ちる心配もなく、疲れも減りました。

また、その効果としてより積極的に動くことができるようになり、撮影の向上につながっていると感じます。

特に、カメラを二台持ちする必要がある人にとにかくおすすめです。

洗えるストラップ

僕にとって非常に重要なポイントです。

汗っかきなのでストラップにも汗が染み込んでしまいます。

そのままにしてしまうと臭いの元になったりもしますし、

臭うということは菌が繁殖しているということ。

菌が繁殖した生地というのは弱くなるので安全面からもよくありません。

そこで、ちゃんと洗濯できるということが重要になります。

ブラックラピッドは全部ナイロンで出来ているので洗濯できます。

金具が一部含まれていますが、洗濯ネットに入れれば問題ありません。

普通のストラップも洗うことはできますが、

ほどいて、洗って、元の高さにもう一度調節、というのは面倒です。

ブラックラピッドはカラビナを外すだけでいいので、楽に洗濯を行えるのです。

落下はしないのか

このストラップを使うときにみんなが思うことが

「カメラが落ちないのか」

だと思います。

結論から言えば、「ほとんど心配ない」

という感じです。

しかし、もちろん扱いが正しければ、の場合です。

blackrapidの落ちにくい工夫

実際にどんな工夫がされているのか見てみましょう。

背面のベルト端はロックが簡単に外れない3点タイプ

背面のベルト端はロックが簡単に外れない3点タイプ

ベルトは突然抜けたりしない作りになっていますし、

ラバーとネジの溝が噛み合うことで緩みにくい構造になっている。

ラバーとネジの溝が噛み合うことで緩みにくい構造になっている。

カメラ下につけるネジも緩みにくい工夫がされています。

底面のネジにカラビナでつなぎます。カラビナが外れないようにロックが2つつきます。

底面のネジにカラビナでつなぎます。カラビナが外れないようにロックが2つつきます。

カラビナもロックが2重にかかるような仕様になっているので外れません。

これだけの特徴があるので、落下したことは1度もありません。

仲間で同じシリーズを使っているカメラマンに聞いても、落ちたことはないそうです。

 

しかし、ベルトが途中で切れたりしたらもちろん落ちますし、

そうならないように扱うことは大切です。

どこかに引っ掛けてしまって生地に切れ目が入っているとか、

ヨレヨレで使っていてベルトが弱くなっている、

いきなり負荷がかかるような使い方をする。

そんなことしてると危険性は増します。

なので、過信せずちゃんと使ってあげましょう。

番外編 片方でも使用可能

実はダブルスリム、左右で分割できるので1台用として斜めがけも出来ます。

2台状態は流石に普段のおでかけでは使えませんが、1台の状態なら気軽に使うことが出来ます。

1台タイプと2台タイプで迷ってる方がいたら、両方使えるダブルをおすすめします。

まとめ

いかがでしょうか?

機能、特長、注意点からお伝えしましたが、伝えきれない部分は動画でもお伝えしているので見ていただければと思います。

イベント撮影、ウエディング撮影などをはじめ、カメラを構えたりぶら下げたりが頻繁におこる人におすすめです。

また、普段使いでスナップを撮るのにもいいですね。

 

現行商品はダブルブリーズという名称みたいですね。

 

皆様の道具選びの参考になれば幸いです。

KOBATONE 小林嘉明

 

コメントを残す

*